堺化学工業グループ

くらしのコラム

2022/12/12

寒い冬の時期を健康で豊かに過ごすための知恵

日本の冬は寒く、乾燥しやすい季節です。昼の時間も短く、大雪の降る地域もあり、活動的になりにくい時期でもあります。気温が低く乾燥するので、感染症の流行も心配です。しかし、寒いからといって家に閉じこもって不摂生をしていたのでは、春を迎えても活動的になる元気が出なくなってしまいます。こんな冬を健康で豊かに過ごすための昔ながらの知恵や、日常的に身近なものを活用した健康法などについて紹介します。


昔ながらの冬至の風習があなどれない!

日本の昔ながらの冬の習慣というと、よく知られているのは冬至に行われる風習ではないでしょうか。冬至とは1年で最も夜が長く昼が短い日のことで、太陽の動きをもとに1年を24等分した二十四節気にもとづくものです。冬至を境として少しずつ日が長くなっていくので、冬が終わって春になっていくことを運気にも例え、少しずつ運気が上昇していくことも意味しています。それにちなんで他にも運気をリセットするために、日本語の五十音である「いろは」の最後の「ん」がつく食べ物を食べることが良いともされているのです。中でも「ん」が2個つく食べ物は「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれています。

冬至の七種とは南瓜(なんきん:かぼちゃのこと)、人参(にんじん)、蓮根(れんこん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、うんどん(うどん)のことです。単に縁起をかついでいるわけではなく、これらの食べ物を積極的に食べることで栄養を摂り、寒い季節を乗り越えようとする生活の知恵でした。昔は現代とは違って医療も普及していたとはいえませんし、健康に生活をするための工夫は現代に負けず劣らずなされていたのです。ところで、冬至の七種のうち特にかぼちゃを食べる風習が広く知られています。実はかぼちゃの旬は夏なのですが、緑黄色野菜に乏しい冬までも長期保存のできるありがたい野菜なのです。

かぼちゃにはビタミンA、B、C、Eなどのビタミンやミネラルが豊富で、炭水化物も豊富なのでエネルギー源としても重宝されます。かぼちゃの種にも、ミネラルや食物繊維、不飽和脂肪酸などが含まれています。どうしても食物の乏しくなる真冬にかぼちゃを食べることで、人々は病気に負けない体を作っていたというわけです。また、冬至の風習でかぼちゃと並んでよく知られるのが「ゆず湯」でしょう。冬至を「湯治」、ゆずを「融通」がきく、と語呂合わせをしたことが由来ですが、これもやはり冬至を過ぎて運気を上げていく前に、厄払いとしてゆず湯に入る風習となりました。ゆずにはビタミンCが豊富なため、実際に健康に良い効果があるのです。ビタミンCには抗酸化作用、コラーゲンの生成・鉄の吸収などに必要、日焼け予防、抵抗力を高めるなどの働きがあります。

スパイスを活用して美味しく健康に!

寒い冬には体が温まる食べ物を摂りたいものです。冬というと鍋料理やシチュー、スープなどの料理が思い浮かびます。そんな温かい料理や飲み物などにプラスすることをおすすめするのがスパイスです。鍋料理に合わせやすいのは生姜、ネギ、唐辛子、コショウなどの日本でもお馴染みのスパイスです。シンプルな寄せ鍋でも、タレに薬味を加えて食べることができます。生姜には体を温める作用のほか、殺菌作用、食欲増進作用もあります。ネギには血行を良くする作用、唐辛子には発汗作用や抵抗力を高める作用が期待できます。辛いものが大丈夫な人なら、唐辛子の効いたキムチ鍋や火鍋がおすすめです。

そして、スパイスといえばカレーです。カレーに使われるスパイスとして代表的なものにターメリック、パプリカ、クミン、シナモン、サフラン、チリペッパー、ブラックペッパーなどがあります。特に体を温め、風邪などの病気から身を守る作用が期待できるものは、パプリカ、シナモン、サフラン、チリペッパー、ブラックペッパーなどです。他にもスパイスには消化の促進、整腸、疲労回復、殺菌など、さまざまな効能が期待できます。ターメリックはウコンとも呼ばれ、お酒の好きな人に嬉しいスパイスです。何でも摂りすぎはよくありませんが、適度に料理に取り入れることで冬の寒さに強い体づくりができるでしょう。

料理だと敷居が高いという人には、スパイスティーを淹れる方法もあります。本格的なスパイスティーはシナモンやカルダモン、クローブなどのスパイスと茶葉と牛乳を鍋に入れて煮出して作りますが、面倒であれば最初からスパイスが配合されたスパイスティーのティーバッグを購入することもできますし、ミルクティーに入れるタイプのパウダータイプのスパイスもあります。もっとお手軽に体を温めるなら、すり下ろした生姜を紅茶に入れるだけでも大丈夫です。冬にはもちろんのこと、少しずつスパイスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

寒い冬こそ運動するメリットとは?

冬は温かい室内でぬくぬくとゆっくり過ごしたいのが人情かもしれません。しかし、夏の猛暑の中での運動を考えると、現代はむしろ冬の方が運動しやすい環境だといえます。じっと動かずにいれば寒さは身に染みますが、運動をすれば自然と体は温まります。それに、実は夏よりも冬の方が体を温めようとエネルギーを使うため、基礎代謝が上がりやすく、ダイエットにも適しているのです。これまで運動習慣のない人は、冬にこそ運動する習慣を作ってしまうことで、そのほかの季節にも運動を続けやすく、筋肉を維持しやすくなります。

冬の運動時の注意点としては、寒いところに急に移動した時の血圧の変化や、寒さのために硬くなっていた筋肉を急に動かすことでの筋肉や靭帯、腱を損傷するリスクがあるため、その対策が必要なことです。急激な温度変化に体をさらさないよう、日中の日の差す時間に運動するようにしたり、運動の前には準備運動としてストレッチや体操を十分に行なったりするようにしましょう。寒さに備えて、動きやすいだけでなくしっかり防寒のできる服装であることも大切です。また、夏に比べると水分補給を忘れがちになってしまいますので、意識してこまめに水分を摂るようにしましょう。

冬の寒さに負けず、健やかな体づくりをしよう

冬は寒さや乾燥のため、風邪や感染症が増え、家でじっとしていることで食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足などが起こりやすい季節です。そんな冬に負けず健康な体で過ごすための知恵やヒントは、日常生活の中にたくさん存在しています。先人たちの知恵を生かしつつ、今は身近な存在になっている薬味やスパイス、ストレッチやヨガ、ピラティスなども少しずつ取り入れながら、健やかな体で寒い冬を乗り越えていきましょう。

オンライン保険相談
自動車保険 お見積依頼

ページトップへ戻る